らあめんHAJIME@十条 - 徒然なるままに 麺食いて・・・

徒然なるままに 麺食いて・・・

群馬を中心とした食べ歩きの記録

らあめんHAJIME@十条  

らあめんHAJIME ステーキのせ牛塩らあめん 13.8.26

 ステーキのせ牛塩らあめん(1000円)

 東京の有名店、TRY新人賞を受賞しているHAJIMEに行ってみました。埼京線十条駅を降りて長いアーケード街に入ってから最初に右側に曲がるとあります。たくさんの人が行き交うアーケード街なので、店を探すのには苦労しそうです。私も一瞬通り過ぎそうになりました。
 食券を買って席へ。カウンター席とテーブル席があります。ここは、牛スープと鶏白湯の2系統がありますが、話のネタになりそうな牛スープのステーキのせにしてみました。
 食券を渡すときに、ニンニクソースとオニオンソースのどっちにするか聞かれます。昼間なのでオニオンを選択しました。
 さて、出てきた1杯は、まさに焼き肉の香りです。スープを飲むと、焼き肉を食べたときの締めの感じです。スープは牛骨ではなく牛肉を野菜とともに煮たものなので、牛の癖は強いです。ステーキのせという時点で、牛の匂いがダメな人は頼まないでしょうが。モンゴル岩塩を使用している塩味は、控えめですがしっかり旨みを主張しています。牛の癖をうまくスープとしてまとめていると思います。
 牛ステーキはミディアムくらいの焼き加減でしょうか。120gということですが、量としてはちょうどいいところでした。焼きたてが当然のっています。おいしくて満足です。 
らあめんHAJIME ステーキのせ牛塩らあめん 麺 13.8.26

 麺は中太平打ち麺です。コシがあってこの麺もなかなかのものです。やや縮れているので、スープともよく絡んでいます。麺量は140gのようです。

らあめんHAJIME ステーキのせ牛塩らあめん チャーシュー 13.8.26

 牛ステーキの下には、豚バラ肉スライスのチャーシューも2枚隠れていました。肉の質感を残しているチャーシューで、これもなかなかおいしかったです。具材は、穂先メンマと揚げネギ(タマネギ?)です。穂先メンマはやわらかく仕上げられています。揚げネギは素揚げではなく、てんぷらのように衣が付いています。これも珍しいですね。ただし、最後に牛脂を加えていることもあって、油が多すぎるのが気になりました。

らあめんHAJIME オニオンだれ 13.8.26

 オニオンだれです。そのままステーキを食べてもいいのですが、このソースにつけるとさっぱり食べられます。しょっぱさが強いので、ご飯がほしくなります。
 ステーキ定食というメニューもあるので、それも選択肢に入りそうです。
 なかなかレベルの高い一杯でした。鶏白湯も気になりますね。

   住所 東京都北区上十条2-30-9
 営業時間 11:30~15:00 18:00~22:30
      (土・日・祝の夜の部は、~20:00)
  定休日 無休
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/26 Mon. 22:09 [edit]

category: 東京都 ラーメン

thread: ラーメン - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gamo.blog45.fc2.com/tb.php/540-40cd5f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク