会席そば 草庵@前橋 - 徒然なるままに 麺食いて・・・

徒然なるままに 麺食いて・・・

群馬を中心とした食べ歩きの記録

会席そば 草庵@前橋  

草庵 花衣三昧(芥子の実) 08.7.21
 花衣三昧(2350円)
 
 前橋市荻窪町、県道前橋大間々桐生線にある店です。値段からして高級ということがわかりますが、上品でおいしい蕎麦が食べられる店です。この店は約20年ぶりの訪問です。近く母の実家があるので、そこに行く途中に寄って以来です。当時は、ただ上品で量が少ないと思っただけでしたが・・・。
 花衣三昧は、この店一番の名物メニューです。変わり蕎麦を含めたもりそば3枚に天ぷらの組み合わせです。日替わりで変わり蕎麦は出てきますので、行ってみないと何が食べられるかわかりません。
 この日の1枚目は芥子の実を練り込んだ蕎麦です。芥子の香りが蕎麦からしてくる上品な蕎麦です。ここの蕎麦は、細切りで弾力のある食感です。更級蕎麦に、わずかに赤茶色がついた色の蕎麦でした。まずは満足の1枚です。
草庵 花衣三昧 天ぷら 08.7.21
 さて、ここで天ぷらの登場です。これが特大の海老がかご状の衣に覆われています。この衣は、特上の更級粉を使用しているそうです。その衣をごま油で上げた天ぷらは、さくさくした食感がとてもおいしいです。天ぷら用の塩も一緒に出てきますので、塩でいただきます。
 海老の身は、かご状の衣を手で持って一緒にいただきます。実がプリプリでおいしいです。さらに頭もしっかり揚げてあって、角を引っ張って殻を外して足とみそを食べます。頭まで食べられる海老の天ぷらは初めてです。濃厚な味噌を味わえました。
 シシトウとマイタケの天ぷらおいしいです。素材の味を生かして、これも良かったです。

草庵 花衣三昧 中ぬき 08.7.21
 再びそばに戻ります。次は中抜きです。外側のかたい殻をとって、芯と皮から作った蕎麦です。細打ちで弾力があるのは同じです。蕎麦の甘さが感じられる1枚です。

草庵 花衣三昧(葉ショウガ) 08.7.21
 次は葉生姜を練り込んだ蕎麦です。最初は普通の更級という感じですが、噛むと生姜の香りと刺激が口の中に広がってきます。薬味は必要ないですね。弾力はこれが一番強かったです。決して嫌な辛みではなく、ほどよい辛さに仕上げてあります。刺激的な1枚でした。

草庵 花衣三昧 蕎麦アイス 08.7.21
 最後に蕎麦アイスが出てきます。そば粉を練り込んだアイスで、食べるとそば粉のざらつきが感じられて、蕎麦の存在がよくわかります。さらに、かけてあるキャラメルにもそば粉が入っています。最後にさっぱりした1品はうれしいですね。もちろん、そば湯もこの前に出てきています。けっこう熱々でした。
 お値段はけっこういいのですが、たまには訪れたい店です。ここは別格ですね。
スポンサーサイト

Posted on 2008/07/21 Mon. 23:52 [edit]

category: 群馬県 そば

thread: うどん・そば - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gamo.blog45.fc2.com/tb.php/235-42180585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク