赤城南麓 いろり庵@前橋滝窪 - 徒然なるままに 麺食いて・・・

徒然なるままに 麺食いて・・・

群馬を中心とした食べ歩きの記録

赤城南麓 いろり庵@前橋滝窪  

いろり庵 手挽きそば+天ぷら 08.3.316

 手挽きそば(800円)天ぷら(300円)

 国道353号線を渋川方面から進み、風車のある道の駅を過ぎてすぐ、小さな看板があるところを入っていくと、一軒の民家にのれんがかかっています。そこが、いろり庵です。普通の民家を改造した店内は、いろり・薪ストーブを囲んでテーブルがあるだけです。10人も座れば埋まってしまうでしょう。いろりの周りを囲みながら、和やかに過ごすのが、この店の流儀のようです。
 メニューは壁に書いてあるもののみで、基本となるもりそばは、手挽きそばとなっています。そばの上に、切る前の平らなそばの生地が三つあります。そばの本来の味を味わってほしいのと、噛むことでそばの甘みを感じてほしいので、入れているそうです。そばは毎週石臼でひいたものを使用しているそうで、あらびきのそばは風味も甘みも感じられます。かなりコシがあるので、噛む必要があるため、そばの甘みは感じられます。量も結構あるので、満腹感はあります。
 つゆは、最初から入っており、けっこうしょっぱいです。その分ダシが弱いのが難点です。そば湯を飲むときには、まだしょっぱいので、湯飲みをもらって分ける方がいいかもしれません。
 薬味はねぎとわさびです。ほかに、そば豆腐?が味噌だれをかけて出てきました。そばの味がしっかりしていて、これもよかったです。 
いろり庵 天ぷら 08.3.16

 天ぷらは、虹の天ぷらと書いてあったとおり、七品あります。これまた量があります。根菜を多めに使っており、じゃがいも、長芋、ヤーコン、大葉、パプリカ、ナス、カボチャという組み合わせです。さらに、そば粉を練った生地にフキノトウを刻んでおやき状にしたものを揚げたものも入っています。計八品です。虹なのに・・・となりますが、店主いわく、大葉はおまけだそうです。
 天ぷらは、白醤油につけて食べます。けっこうしょっぱいので、つけすぎに注意ですね。店主夫婦が川越に行ったときに寄った店で出されたので、それをまねしてみたのだそうです。塩をつけるのと同じ感覚で食べられます。全体的に、素材を生かして上手に揚げてあります。

いろり庵 そば湯 08.3.16

 そば湯です。濃さは下の方になれば濃かったです。つゆのしょっぱさを考えておかないと、飲めなくなりますね。私は、満杯にしてからしょっぱさを我慢して飲み、残りを入れてゆっくり味わいました。
スポンサーサイト

Posted on 2008/03/16 Sun. 22:33 [edit]

category: 群馬県 そば

thread: うどん・そば - janre: グルメ

tb: 0   cm: 2

コメント

食べてみたい

なんか、平たい蕎麦が美味しそうですね~。

ただ、我が家からだとちょっと遠いな~(笑)

URL | Shimora #-
2008/03/21 18:39 | edit

No title

shimoraさん、こんばんは。

平たい蕎麦は、蕎麦の風味が味わえていいですね。
蕎麦自体コシが強いので、けっこう後半疲れます。
赤城南面に行く機会があれば、ぜひ寄ってみてください。
小さな看板に注意しないと、通り過ぎますので、ご注意を。

URL | cal-gamo #-
2008/03/21 21:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gamo.blog45.fc2.com/tb.php/225-9b4d878f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク