兵庫県 その他 - 徒然なるままに 麺食いて・・・

徒然なるままに 麺食いて・・・

群馬を中心とした食べ歩きの記録

えきそば@姫路  

えきそば 天ぷらえきそば 16.9.16
 
 天ぷらえきそば(360円)
 
 姫路城に行く前に、姫路駅に降りたらえきそばを食べに行かないと・・・。姫路5・6番ホームに向かいます。
 えきそばといっても、姫路駅のはそばではなく、中華麺を使用しています。スープは和風のそばのダシ、トッピングは天ぷらという組み合わせです。姫路オリジナルのB級グルメです。
 スープは関西の薄味ですが、暑さで奪われた塩分補給にちょうどよかったです。(竹田城に行って山道を歩いたなので)中華麺は角の丸いストレート麺です。これは立ち食いそばのレベルですから・・・と考えれば十分OKです。
 天ぷらは衣が半分以上という感じですが、スープがしみていい感じになります。ないと寂しいですから、これも必要なアイテムでしょう。
 姫路に来たら、ぜひ食べておきたい一品ですね。

住所 兵庫県姫路市駅前町188-1 姫路駅構内
営業時間 5・6番ホーム 6:00~23:00
       7・8番ホーム 6:00~24:00
定休日 無休 
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/16 Tue. 18:17 [edit]

category: 兵庫県 その他

tb: 0   cm: 0

青森@神戸長田  

青森 すじ入りそばめし 11.8.15

 すじそばめし(700円)

 神戸市長田区といえば、そばめしと鉄人28号です。新長田駅を降りて海側に進んでいくと、お好み焼きのお店がたくさんあります。その多くで、そばめしもメニューに入っています。焼きそばとご飯を混ぜたような「そばめし」発祥の地が、実は長田区なのです。今回はその発祥の店と言われている「青森」に行ってみました。
 店は鉄板の周りにカウンターで7席くらいとテーブルが2組です。たまたま人が少なく、カウンターに座れました。「ぼっかけ」と呼ばれる牛すじ煮込みを具に加えるのが、長田流のようです。こてを使って、麺を刻みながら鉄板の上でご飯と混ぜながら炒めていきます。作っている様子が見られるのもいいですね。
 目の前の鉄板に寄せられて、完成です。これを小さなこてで食べるのが長田流、挑戦します。
 ソースで味がついていますが、辛めのソースと甘めのソースの二種類が用意されています。最初は何もなしで食べてみましたが、味が足りないというわけではなかったです。うまくこてに乗っからなかったのですが、こての角に乗せて食べると、こぼさずに食べられました。麺が刻まれていて、ご飯と一体化しています。ソースの味もしつこくないので、食べやすいです。牛すじが小さいので、食べている実感がないのが残念でした。見た目以上に量があったので、後半飽きてきます。辛めのソースを後半つけて食べると、味の変化があってよかったです。
 そばめし自体他の店との比較はしていないのでわかりませんでしたが、B級グルメとしてはまずまずの味ではないでしょうか。味が単調なのが欠点ですけどね。
 帰るときに8人くらい一気に入ってきました。発祥の店として来る人が多いようです。





 
-- 続きを読む --

Posted on 2011/08/15 Mon. 23:38 [edit]

category: 兵庫県 その他

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

カレンダー

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク